感性を紡ぎ「都市」をつくるー Placy Urban Rhythm Workshop

Description

※ご案内※
新型コロナウイルス感染拡大防止対策としてオンライン開催に変更いたします。オンライン参加用のURL等のご案内はお申し込みいただいた方に個別にご連絡をいたします

ーーー
※1/14 ゲスト講師を更新いたしました

好きな音楽が導いてくれる場所は、あなたにとっても居心地のいい場所かもしれない。感性から街を照らす音楽地図をつくるワークショップ with Placy


実在しない行政区「幕張市」を題材に、豊かな文化を育む新たな自治のあり方や祝祭空間など都市の多層化をテーマとしたアートプロジェクト 多層都市「幕張市」プロジェクト。

今回は、地図アプリPlacyを用いて「都市に音楽を紐付ける」ワークショップを開催します。

都市は我々の記憶が多層に重なりあい体現する。音楽により「アンプリファイ」された記憶を都市に紐づけることで、そこに意味が浮かび上がる。

当ワークショップでは、ゲスト講師による「都市と音楽の関係性」のレクチャーの後、皆さんに、今まで訪れた場所に対して、その時の記憶・エピソードと併せて音楽を紐づけて頂きます。「その時に聞いていた音楽」や「その場所の雰囲気を表す音楽」など、自らの記憶を増幅するものであれば、選曲理由は自由です。ワークショップメンバー内で、どの場所にどんな音楽を紐付けたか共有して頂いた後、次は架空都市幕張市に対して、音楽と併せて架空の記憶・エピソードを紐づけて頂きます。

ワークショップを通し、音楽の視点から『記憶装置』としての都市を眺める(トポアナリーズ)ことで、日常で出会う・出会ってきた場所に対しての経験をより豊かに感じて頂けると考えています。当日お話しできるのを楽しみにしています。

【イベント概要】
●イベント名:感性を紡ぎ「都市」をつくるー Placy Urban Rhythm Workshop
●日時:2021年1月24日(日)13:00〜15:30
●会場:オンライン(ビデオチャットサービス「zoom」を使用))
●定員:先着20名
●参加費:無料
●準備物:事前にPlacy iOSアプリのダウンロードをお願いいたします。
     https://apps.apple.com/jp/app/placy/id1474567327
     ※iOS版のみでのサービス提供となり、Android端末は使用することができません。

【タイムスケジュール(予定)】
12:30 ~ 13:00 会場受付
13:00 ~ 13:20 はじめのご挨拶&Placyについての説明
13:20 ~ 13:45 レクチャー:都市と音楽の関係性について
13:45 ~ 14:00 ワーク①
14:00 ~ 14:30 グループ別に全体でシェア
14:30 ~ 14:45 ワーク②
14:45 ~ 15:15 グループ別に全体でシェア
15:15 ~ 15:30 総評

【ゲスト講師】

■鈴木 綜真 |SOMA SUZUKI (株式会社Placy 代表取締役)
京都大学工学部物理工学科を卒業後、MIT Media LabのDIgital Currency Initiative/Open Music Initiativeにて音楽の著作権を管理するプラットフォームの開発に参加。その後、ロンドン大学UCL Bartlett School修士課程で都市解析を学ぶ。音楽やイマジナビリティの観点から街のパーセプションを解析し、都市における感覚的知覚に価値をもたらすことをテーマに研究を行なう。2018年9月に日本へ帰国。音楽で場所を探せる地図サーヴィスを開発するPlacyを創業。


■田中 堅大|Kenta Tanaka(都市音楽家)
1993年、東京都生まれ。ギタリスト/都市音楽家(Urban Composer)。都市論を音楽/サウンドアート制作に応用することで、都市を主題に音を紡ぐ「都市作曲(Urban Composition)」の確立を模索している。European Postgraduate in Arts in Soundにて、ベルギー・オランダ・フランスを巡りサウンドアートを研究したのち、個展として、都市の記憶を回想するサウンドインスタレーション「Urban Reminiscence——Sound, Object, and Rhythm」Sta.・東京(2020)を開催。主な展示作品に「Algorithmic Urban Composition」スタンフォード大学コンピューター音楽音響技術研究施設聴取室(2019)など。音楽を取り巻く環境への批評zine『jingle』の出版、蓮沼執太フルフィルへの参加、ファッション/ダンス/映像作品への音楽提供など、音楽を中心として多岐に渡る活動を展開。


■Yuki Kawasaki (Mixmag Japan チーフ・エディター)
オルタナティブな日本のクラブシーンを世の中に広めるため、日夜奔走中。本誌のほか、様々な音楽メディアに寄稿している。映画館にも頻繁に現れ、どこかの大学で稀に講義を行う。


〜 多層都市「幕張市」プロジェクト とは 〜
もしも実在しない行政区「幕張市」に住むことができるとしたら。本プロジェクトでは、実在しない「幕張市」を起点に新たな自治や祝祭空間など多層都市をテーマとしたアートプロジェクトを開始いたします。12月は「幕張市」の立ち上げイベントとして架空の場所と実際の場所を繋ぐパブリックアート展示や都市空間の歪みや住むということを再考し、新しい都市の在り方を探るオンライントークイベントなどを開催予定です。
詳細WEBサイト:https://metacity.jp/events/makuhari-city-exhibition-2020/


【参加にあたっての注意事項】
*お申し込みについて
●お申し込みは先着順とさせていただきます
●お申し込み時に登録するメールアドレスが受信制限設定されている場合は「@peatix.com」からのメールを受信ができるよう設定をお願いいたします
●イベント当日は会場の様子を撮影、後日レポート等でご紹介させていただく場合がございます
※今後の社会情勢に応じて開催時期や内容(オンライン開催への移行など)などが変更になる場合があります、予めご了承ください
 
*オンライン配信について
●本講義はクラウド型のビデオチャットサービス「zoom」を使用したオンライン配信を予定しています
●ご参加いただくにはインターネット環境が必要になります、事前にご準備をお願いいたします
●イベントはPC、タブレット端末、スマートフォンからご視聴可能です

*注意事項
●オンライン配信のため、配信者や参加者のネットワーク環境などの事情により配信が途切れたり繋がりにくい場合があります
●配信不良や途切れた場合の返金対応はいたしかねますのでご了承ください

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#885036 2021-01-15 01:35:15
More updates
Sun Jan 24, 2021
1:00 PM - 3:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加チケット(無料)
Organizer
METACITY
28 Followers

[PR] Recommended information